<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2010.01.31 Sunday
久々のSSもどきです。

満月堂にて。






続きを読む >>
2009.12.14 Monday
タイトルの「きみ」と「ぼく」にはいろいろなヒトが当てはまるわけで…。

とりあえずこれで「きみとぼく」の本編は最後かと思います多分。
バルトの独白だけなのでおもしろみは無いですよ(・ω・)アワアワ



続きを読む >>
2009.12.13 Sunday
終わりの漫画の様なものです。テキストで書いても良かったのですが、どうしても表情を描きたかったので。とても短いですし。

私の描く漫画は「間」を多く取りがちで、やたら引き延ばす癖がありまして…。だけどシェイプさせたらちょっと物足りない感じになっちゃったかも。


続きを読む >>
2009.12.07 Monday
書き始めるまで、二人ともすごくあっさりした関係だと思っていたのに、実際に動かしてみると結構アレですね。

"二人が一緒にいた時期"の切っ掛けは漫画で書こうと、かなり前からネーム作業をちょいちょいやっているのですが、苦戦しているので描く描く詐欺になりそうな予感がします。テキストは労力が少ないので楽です、文才とかはともかくとして。


※恋愛的な表現がありますので苦手な方はご遠慮下さい


続きを読む >>
2009.12.07 Monday
1からの続き。思ったより長くなりそうなのでぼちぼち書いていきます。

ヴィンが女の子になってしまった理由は、単にイメージにあう顔が女の子のパターンでしか作れなかったから。その容姿に引っ張られて、ヴィンの性格もどんどん女の子同様になっていった。もともと女性的ではあったけれど、ここまでではありませんでした。
恋をする事を知って、自分が本当に女の子だったらと悩む様になって。それを救ったのがバルトで、彼は「自分に嘘はつかなくていい」と言って全部を受け入れようとしました。だから彼にとってのヴィンは、ごく普通の女の子でしかないのです。


※恋愛的な表現がありますので苦手な方はご遠慮下さい


続きを読む >>
2009.12.06 Sunday
妄想が濁流になって来たので、整理の為にちょっと書いてみます。
ヴィンとバルトのこと。

私は別にBLがやりたいわけじゃないんですよ。
ヴィンは男の子なのに、女の子の姿にしてしまったから、こういう風になってしまったんだと思う。最初からちゃんと男の子の姿をしていたら、きっとこうはならなかったです。
という事をふまえて。

※恋愛的な表現がありますので苦手な方はご遠慮下さい



続きを読む >>
2007.10.09 Tuesday
というわけで月夜verです。
月夜は"その時間"に現場に居たのでまとめと、それからその後のお話しです。

続きを読む >>
2007.10.09 Tuesday
先日のイルミナスでてんやわんやですよイベントのリプレイテキストです。
最近何故か"てんやわんや"という言葉にハマっています。どうしようもなくどうでもいいですけどね。

杜の掲示板に投稿しようと思って書き始めたのですが、こっぱずかしいのでこっそりこちらだけに…。ついでい言えばちゃんとストミとかやってないので状況は想像です(だから余計に投稿しづらいのです…)。色々と間違ってると思いますが、お暇な方はお付き合いくださいませ。

続きを読む >>
2007.05.23 Wednesday
エピローグ。

続きを読む >>
2007.05.21 Monday
金色の月の行方。

続きを読む >>

▲top

≪BACK  1/3  NEXT≫