<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 30の質問から考えるひととなり | TOP | お絵描き・30 >>

2010.02.10 Wednesday
彼女をお借りしてインタビューさして頂きましたの(・ω・)ウフ

質問提供もと「オリキャラさんに突撃取材!」

※いちゃいちゃしてますのでご注意※






● 前座 ●

  バルト: さてさて…片づけはこのくらいかしらァー
レティシア: 入っていいか?
  バルト: おっと!丁度良かった。入って入って。
レティシア: お邪魔します…
  バルト: 何をそう緊張して…
レティシア: べ、別に緊張してるわけじゃない!
  バルト: まあ、うん。仕事つーてもちょっとした趣味みたいな
      もんだからさ、普通にしててよ。
レティシア: わかった…
  バルト: えーと…まあ、簡単なインタビューっての?
      質問事項に答えてくれればオッケーみたい。
レティシア: なるほど。
  バルト: じゃ、OKかな。ああっと…飲み物要る?
レティシア: あ、じゃあ水をお願い。
  バルト: …水でええのん?ま、いっけど。
  バルト: んでは、気持ちが落ち着いたら始めますかねっ
レティシア: いつでもどうぞ。
  バルト: OK!じゃ、一個目。


● いんたびゅー開始 ●

01.貴方のお名前とその由来は?
  バルト: えーと。まずは名前からってか…。名前と、その由来。
レティシア: 名前はレティシア・エクリュ・センドウ。…由来も…?
  バルト: まあ、答えられる範囲でイイと思うけど。出来るだけ正確に、とは言われてっけど。
レティシア: ミドルネームくらいしか由来はわからないなぁ…
  バルト: そうなん?じゃ、ひとまずそれで。
レティシア: 「生成り色」って意味で、義父曰く「好きな色だったから付けた。」
レティシア: …で、いいのかな?
  バルト: ほっほう。そういう意味だったんか。イイ事聴いた
レティシア: イイ事なのか?
  バルト: 彼女の事なら何だって知りたいじゃん?なんちて
レティシア: ///

02.性別、生年月日、年齢、血液型は?
  バルト: えー、次は…と。性別と生年月日。
      それからァー…年齢と血液型?占いでもするみてーな。
レティシア: 性別は…言うまでもなく女。
  バルト: 男だったら困るッ…
レティシア: 生年月日…これは…なんて言えばいいかな
レティシア: とりあえず歳は22。本当の月日はわからない
レティシア: 義父に拾われた日が今の誕生日になってるから…10月12日、かな。血液型はO
  バルト: 10月…ってーと。天秤座かァー
レティシア: うん
  バルト: ま、トシなんて目安じゃん。一年に一度、お前が産まれたって事を祝えるなら何日でもイイさ。
レティシア: …ありがと
  バルト: にっしし。じゃ、次いきますかねっ

03.出身、家族構成は? ご職業などあればそれもどうぞ。
  バルト: えー…と。なんか随分プライベートに踏み込む質問ばっかだなァ…。
レティシア: 次はどんなの?
  バルト: えー…出身、家族構成、それから職業。だってさ。
レティシア: 出身は…サグラキ保護区近くのセンドウ家の屋敷
レティシア: 家族構成…これは、今は一人、ってことになるのかな…
  バルト: …今は、ね。今は!
レティシア: …?
  バルト: 気にすんな。で?職業はっ!
レティシア: え〜と、LWの正社員。副業としてG's時代の知り合いが経営してる孤児院で働いてる。
  バルト: あ、そうだったん?ほほー。
  バルト: 子供好きか…ポイント高いな…ッ
レティシア: 何のポイント…?ま、いいや。
  バルト: やー、その孤児院での働きっぷりをいつか見たいわね!っつーわけで次行きますか
レティシア: ん、了解。

04.身長、身体的特徴、服装は? 写真などがあればそれもどうぞ。
  バルト: 次がー…えーと…これ女性に訊くにしちゃ何か…。
  バルト: 身体的特徴…まあ、うん…身長とか体重とかそんな感じの。
レティシア: …。
  バルト: わかった!ここはおれが
レティシア: え、ちょっと!?
レティシア: 身長だけでいいなら…
  バルト: 身長はおれより小さい…。
レティシア: いや、まぁ、そうだけどさ…162Rp
レティシア: 体重は…体重は……
  バルト: …おれよりは軽いよな、ウン
  バルト: …多分。
レティシア: 多分って!あぁもう!秘密!秘密だ!
  バルト: ハーイ…さーせんっした…。
  バルト: ゴホン。で、えーと。あとは身体的特徴ってーと…長い髪、とか?
レティシア: う〜ん、それくらいしかない、かも…。
  バルト: むn ごほっ
レティシア: …今なんか言った?
  バルト: なんでもない、次行こう次!

05.長所・短所は?
  バルト: 次が…長所と短所、だって。なんかある?
レティシア: 短所だらけな気がする…。
  バルト: まったまたァ…そういうネガティブなトコは短所よなー
レティシア: うぅ…。
レティシア: それにすぐ落ち込むし、そのくせプライド高いし…はぁ。
  バルト: もうちょっと自分を好きにならなきゃ駄目だぜー?自信を持ってるコはやっぱ、綺麗に見えるもんよ?
  バルト: つーわけで、ほれ!何か見つけなさい自分の良いところ!
レティシア: え〜と…。優しいところ…ないか…。
  バルト: ったくー。自分のいいとこ見つけられなきゃ人のいいとこだって見えてこないもんよ?
レティシア: …今後頑張って見つけてみます…。
  バルト: お前は優しいし、真面目だし。口に出さないけど努力家じゃない。
レティシア: そ、そうかな?
  バルト: そうそう。もっと自信持ってよね!


06.趣味・特技などは?
  バルト: んーと。趣味とか特技とかだって。
レティシア: 趣味は、読書と音楽鑑賞。特技は…弓術かな〜?
  バルト: 恋愛小説な…。
レティシア: そこまで詳しく言わなきゃだめなの…?
  バルト: 折角だし訊きたいじゃん。
  バルト: 弓術が得意なんて初耳だったしさ。結構訊いてみないと解んないことも多いわね。
レティシア: 弓術は義父様に習ってたから。
  バルト: なるほどなー。

07.好き・嫌いな食べ物は?
  バルト: んでは次か…好きな食べ物と嫌いな食べ物。ここに来てまた可愛らしい質問だこと…。
レティシア: 食べ物は飲み物とかでもいいの?
  バルト: まあ、いいんじゃない?口に入るものなら。
レティシア: 好きなものはソーダかな?嫌いな食べ物は…辛いもの全般
  バルト: あとケーキだろ?好きなの。
レティシア: 好きだけどさ…。
レティシア: 好きだけど嫌い…。
  バルト: えー。好きなら好きで駄目なんすか。
レティシア: じゃあ、好きでいいよ、もう…太るから控えてるんだよ…。
  バルト: だっからァー!太って無いじゃんっ!
  バルト: それにねェ、おれは多少ふくよかでも好きなモノをニコニコ幸せそうに食べてるのを見てる方が好きよォ?
レティシア: う…じゃあ好きなものはソーダとケーキで…。

08.好きな人のタイプは? 恋人や気になる相手がいる方はそれもどうぞ。
  バルト: えー…あー…。
レティシア: …?
  バルト: レティシアはおれを愛してる…と。はい、今の質問終了。
レティシア: 質問内容は!?
  バルト: ………好きな人のタイプと、気になる人は居ますかァーっての。
レティシア: え、あぁ、うぅ…。
レティシア: さっきの答えでいいです…///
  バルト: それ見たことかっ!
レティシア: う、うるさい!
  バルト: にっししし。

09.自由問題(1)
  バルト: 自由問題、か。おれが設問しちゃっていいんかね。
レティシア: あんまり変なのはやめてよ…?
  バルト: そんな顔をされるとですねェ…。何にしよっかなー。
  バルト: じゃ、おれのどこが好きになったの?とか?
レティシア: へ!?
  バルト: ほーらァー。これも仕事だよ仕事ォー?
レティシア: えっと…瞳、とか…声とか…うぅ///
  バルト: ぶっ
  バルト: リアルに答えられると……。うん、その…どうも。
レティシア: ふ、吹き出すな!///真面目に答えてるのに!
  バルト: す、すいません
レティシア: あぁ、もう!全部!全部だ!!
  バルト: …その、ええと。ありがとう。あと訊いたおれがバカでした。

10.自分が癒しを感じる時や、至福を感じる時は?
  バルト: ゴホン!じゃあ、ええと。癒しを感じる瞬間、だって!
レティシア: …言わなきゃダメ…?
  バルト: え?まあ、そういう質問だし。
レティシア: バ、バルトと居るとき…///(ボソボソ
  バルト: れ…レティシア…さん。その、ええと…。
レティシア: 今のなし!
  バルト: ええっ
レティシア: だって…。
  バルト: うっ…そ、そんな目しないでくだしあ

11.何かこだわりは?
  バルト: ええと…何かこだわりを持ってる事、とか…ある?
レティシア: 髪を結う時に「ピン!」とくるまで何度も結い直す…とか。
  バルト: おお…なんか意外っすね。やっぱレティシアも女の子なんねー…
レティシア: しっくりこないと気分が乗らなくて…。
レティシア: 女の子って…「子」って歳でもない気がするけど…。
  バルト: またまたー 乙女なくせにっ

12.自由問題(2)
  バルト: さて、じゃあサクサク行こうかね。次も自由問題かー。
レティシア: また…?
  バルト: いあ、そんな顔しなくても普通のにするって…そうなあ
  バルト: お気に入りの場所、とかあるかな。
レティシア: え〜と…部屋?
  バルト: 部屋っすか。どこらへんが?
レティシア: どこらへん?やっぱり落ち着かない?自分の部屋って。
  バルト: まあ、そうなあ…。そーか…じゃ、やっぱデートは部屋でっすね。
レティシア: デートが部屋なのは…いやだな…。
  バルト: えー… わがままだにゃー
レティシア: じゃあ、もう部屋から出ない。
  バルト: ぶっ
  バルト: 。o(こういうワガママ言えるようになったんだから、イイって事にしとこう)

13.今一番欲しいものは?
  バルト: ええと。今一番欲しいもの、だって。
レティシア: 愛
  バルト: 即答
レティシア: だめなの?
  バルト: やー…これ以上もっと欲しいなんて欲張りだなァ…。
レティシア: 欲張り…なのかな…。
  バルト: いいんだよォ?もっと欲張りになって貰ったってさ!
レティシア: うん…。
  バルト: ヨシ。じゃあ、次行こう。

14.悩み事はありますか?
  バルト: えー。悩み事はありますか?と来た。
レティシア: 悩み事…たまに自制できなくなるのを直したい…。
  バルト: 自制っすか。
レティシア: 自分で自分を止められなくなることがあってさ…。
  バルト: おれからすると、レティは我慢しすぎなよーな気もするけどなぁ。
レティシア: 溜め込み過ぎてるのかな…。
  バルト: 具体的にどういうんかはアレだけど、まあ。たまに出さないと身体に悪いと思うぜ。うん、まあそのなんだ。
  バルト: …次行こうか!
レティシア: うん。

15.自由問題(3)
  バルト: ってまた自由問題ィィ!これクライアントの人手抜きなんじゃないの!
レティシア: 自由問題まとめればいいのに…。
  バルト: …きっとこれも個性的な設問が欲しいって事で前向きに受け止めよう。
  バルト: じゃあ、1日の中で一番好きな時間帯とか。
レティシア: えっと…夜かな。
  バルト: 夜か。どういうところが?
レティシア: ホッとする
レティシア: 好きだけどちょっと切ない、そんな感じかな。ごめん、訳分からないね。
  バルト: んー、わからんでもない…と思うけど。夜は長いようで、すぐ終わっちゃうもんな。
レティシア: うん。
  バルト: ほんと可愛いとこあるよなあ…お前。
レティシア: えぇ!?///
  バルト: まあまあ、事実を言ったまでで?なんちて。さてさて次はと。

16.過去「失敗した!」というエピソードと、逆に「嬉しかった!」というエピソードは?
  バルト: えーと…失敗したエピソード…それから嬉しかったこと、とか。だって。
レティシア: 失敗したエピソードは…あの任務かな。
レティシア: 私が一人で焦ってトラップとかに引っかかっちゃって、みんなに迷惑かけちゃった。
  バルト: あー。もう既に懐かしいなー
レティシア: 嬉しかったことは、私を必要だって言ってくれる人達と出会えたこと。
  バルト: これからもっともっと、そういう人に会えるさ。
レティシア: そうだといいな〜。

17.貴方があと数日で死んでしまうとしたら?
  バルト: えー…と。
  バルト: おれこういうの嫌いだなァ…まあいいか…。
  バルト: あと数日で命が終わるって解ったら、どうするか。だって。
レティシア: できるだけ「仲間」や「家族」と一緒にいる。
レティシア: 悔いが残らないようにいっぱい思い出を作る。
  バルト: …まあ、そうだよな。
レティシア: 死んでもその人の心で生き続けるために、ね。
  バルト: ……。
  バルト: …次、行くか。
レティシア: うん…。

18.この世で一番大切なものは?
  バルト: ええと…この世で一番、大切なもの…。
レティシア: 「仲間」と「家族」と…「愛しい人」
レティシア: 一番なんて…選べないよ…。
  バルト: モノ、じゃなくてヒト、か。
レティシア: あ、ごめん、答えになってないかな…。
  バルト: いや、それでいいと思う。答えなんて無いようなものだろ。
レティシア: そうだね…。

19.作者に一言!
  バルト: えーと。作者への一言…と。難しい質問だなっ…
レティシア: え〜と…
レティシア: おかげで自分自身を見つめ直すことができました。ありがとうございます。
レティシア: で、いいのかな?
  バルト: レティシアがいいならいいんじゃないかしら。

20.最後に、読者の皆様へ!
  バルト: オーケー、ラストな。
  バルト: えーと、ここまで見てくれるかもしれない誰かさんにひとこと。
レティシア: 難しいな…
レティシア: えっと、ここまで見てくれてありがとうございます。お疲れ様でした。
レティシア: なんか変だよね…
  バルト: まあ、いいと思うぜ。


● 後記 ●

  バルト: うん、レティシアもお疲れさんだ。変な質問もあったけど。
レティシア: ごめんね、だらだらと答えちゃって…。
  バルト: 謝るこた無いだろー それもレティシアのキャラクターだろ?
レティシア: そう、だね。
レティシア: バルトもお疲れ様!
  バルト: おうおう、じゃあ報告して終了っとね



-*-*-*-*-*-*-*-*-
チャットを利用して、人様のキャラクタと掛け合いでやってみました。
意外と見えてこなかった部分も解ってきて面白かったですよ!おつき合い下さる方がいらっしゃいましたら是非お声がけ下さい(・ω・)ノ

コメント

雪名さん>
過去にうちの子だけでやった事もあるのですが、受け答えを自分で組み立てられるモノより、どんな答えが返ってくるか解らないのが面白かったですよー。
いやあアツイのはいつもの事ですよ^^
機会があったら順番でインタビューショウとか楽しそうですな!自分が答えるバージョンもやってみたいとですよー。

カグヤ君>
新潟!それはとても真っ白でしょう。
折角だしいろんな人と絡む切っ掛けにでもなれば面白いかなとも思いつつ!
私も最近はチャット行ってませんのですよ。またインフラの会開きますし、その時は是非あそびませうー。
2010/02/13 12:46 AM by 竹流
うぅぅ…アツい、うん。
新潟…なんだけどな(ぁ
インタビュー形式は見ていて面白いですよ!

最近は都合合わなくてチャットいけないこと多いですが会えたら是非話しましょう〜
2010/02/12 8:15 PM by カグヤ
こういう質問をこういう感じで答えるのも面白いですねー、
・・・というか何故ここだけ真夏状態!(死

シュウはいつでもOKだと言ってますよ、うん(待
2010/02/12 3:38 AM by 雪名

コメントする









▲top